大学院 地域創造論PBL:逗子市「津波避難シェルターに乗ってみませんか?」



横浜国立大学大学院 副専攻プログラム「地域創造科目」の地域創造論のPBL(Project Based Learning)として、

逗子市の海辺に面した新宿地区において「社会実験プロジェクト:津波避難シェルターに乗ってみませんか?」を開催します。

 

午前中における「津波避難シェルターの体験」をはじめ、

午後においては、逗子市における事前復興や防災に関する講演やワークショップを開催します。

「津波避難シェルターの体験」については10/15までに、応募申請する必要があります。

ご希望の方は、添付資料に掲載されている「応募方法」をご覧ください。

1 津波シェルター※の体験(・解説) 小雨決行・荒天中止
※浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+(セーフプラス)600シリーズ
(1) 日時 平成30年11月23日(金) 10:00~12:00のうち30分程度
(2) 場所 渚マリーナ(逗子市新宿1-6)

2 防災に関する展示・講演
(1) 日時 平成30年11月23日(金) 13時30分~
(2) 場所 新宿会館(逗子市新宿2-2-24)