ワダヨコプロジェクト The Wadayoko



ワダヨコ
The Wadayoko


in2019

和田町の「地域的魅力」を向上させ さらなる発展を目指す

Improving regional fascination and developing more

 ワダヨコは2010年に横浜国立大学の学生が主体となり結成し、今年で10年目を迎えます。大学に近い和田町に住む地域の方々と大学生との交流の場を築くべく様々な活動をしています。学生視点で和田町の魅力を汲み取り、それをまちに訪れる人やまちに住む人に感じとってもらうことを目指しています。

 現在、まちの子どもたちに向けた「寺子屋活動」と、まちの交流の場を作る「企画活動」を主にしています。近年はそれに加え商店街、町内会、子ども会などのまちの組織と連携して既存のまちのイベントに関わることができるようになりました。例として、毎年2回行われる商店街主催の「べっぴんマーケット」では、外部からの出店が多くを占めていた状況を見直し、商店街が主役となるようワダヨコが店のPRを引き受け、長年続いてきたイベントが新しい形に変わろうとしています。町内会との関わりにも変化があり、今まではイベント当日の手伝いのみだったところが準備段階から企画に携わったり、ワダヨコが企画するイベントにも積極的に関わってもらえたりするようになりました。

 今年度では新しく始まった企画も多くあるので、それらを途切れさせることなく定着していくことを目指しつつ、更に新しい企画にも挑戦していこうと考えています。また、深まった街の組織との関わりを大切にし、同じ目標を持つ団体同士協力しあうことで、より深みのある活動を続けていきたいです。

■学生数:27名 / 担当教員:野原卓

■連携・協力:和田町タウンマネジメント協議会

■サイト:Instagramアカウント @wadayoko


2018年度

学生視点からのまちづくり参加

 

①背景・目的:ワダヨコは、2010年に横浜国立大学の学生が主体となり結成された学生団体です。大学に近い和田町に住む地域の方々と大学生との交流の場を築くべく様々な活動をしています。また、和田町の人たちとの話し合いの中で、私たち学生の視点からまちづくりを行なっていこうと考えています。

 

②活動内容の概要:活動内容は大きく二つに構成されており、全員が両方に携わっています。
 一つ目は、班活動です。寺子屋班と企画班に分かれて、それぞれの視点から和田町の地域コミュニティを盛り上げていけるように活動しています。寺子屋班は、週一回、子供のために宿題などを見てあげ、和田町の子どもたちのサードプレイスのような存在になっています。企画班は、年に3回企画を提案・運営し、子どもたちからお年寄りまで、世代の垣根を越えた交流を促しています。
 二つ目は、イベント参加です。和田町での年三種類のお祭りに出店し、学生からの新しい視点でもって和田町の魅力を広めていけるような役割を果たしていけることを目指しています。
 これらの活動は月に一度に開催される、町内会・商店街・大学教授、学生団体の三者でのタウンマネジメントで相談しあい、和田町自治会の協力のもと運営を行なっています。

 

③今後の可能性:企画するイベントを一回きりにするのではなく、より良い形で継続させていくということを大事にしていきたいと考えています。また、和田町は横国の学生も多く利用するため、ワダヨコ以外の学生も巻き込むことができるような企画を考えていきたいと考えています。

 

■学生数:23名 / 担当教員:野原 卓
■サイト:twitter @wadayoko_twi   
     facebook  ワダヨコ


町内会と学生が一緒に和田町商店街をマネジメントしていく

 

<2017年度の活動報告>

 ワダヨコとは和田町と横浜国大をつなぐことを目的に発足しました。和田町の旧町内会館witを拠点に継続的な活動な取り組みや商店街のイベントを通して和田町の方々と大学生が交流しお互いがより良い関係になる機会をつくっています。

 和田町の小さい子供から年配の方まで、そして横浜国大の学生が関われる様々な活動を行っています。本年度は寺子屋班、企画班という2つの班活動を中心に地域のお祭りにも参加しました。

・寺子屋班:毎週月曜日16:00〜18:00に和田町の活動拠点、Wit WADAで子供たちに勉強を教えることを主な活動としています。また、夏には夕涼み会や工作教室、冬には子供会と連携してクリスマス会と季節に合わせたイベントもしています。

・企画班:年に4回、和田町の皆さんと一緒に楽しめるようなイベントを企画・開催しています。毎年恒例となりました大学の音楽サークルや和田町の飲食店さんとも共同で行った夏のキャンドルナイトや大学内の落ち葉を使った焼き芋大会に加えて、本年度は商店街全体をまわるクイズラリー、商店街のカレンダー作りなど新しいイベントも企画しています。

・お祭り:和田町には年4回のべっぴんマーケットを始め、地蔵祭り、秋祭りなど多くの祭があります。今年度はそれらに加えてNPO法人ダンボさんが主催するダンボバザーや今年から始まったアワーズさん主催の保土ヶ谷サンタプロジェクトにも参加しました。お祭りは今まで関わりのなかった人や和田町を通る大学生など様々な人と話す機会になっており企画から参加しています。

  寺子屋班、企画班及び和田町の祭において数年の活動によって信頼関係が生まれ始め連携もとれるようになってきました。今後はその関係を維持しながらも大学生との交流を増やしていきたいと考えています。

 

■学生数:23名 / 担当教員:野原 卓

■連携先:石井一彦((株)Office wit)、和田町タウンマネジメント協議会、和田町商店街、和田町西部町内会、和田町第一子供会

■サイト:https://ja-jp.facebook.com/wadayokochan/

             https://twitter.com/wadayoko_twi?lang=ja

 

Text by 「横浜国立大学 地域実践教育研究センター Annual Report 2017-2018