「地域創造論 Vol.2」ブックレット 発行



[内容紹介]

本書は、横浜国立大学大学院の講義『地域創造論』として2015、2016、2017 年度に実施したものの中から、学内外の講師陣による講義の部分を編集したものです。
講義のメインテーマを「ローカルからの発想が日本を変える、世界を変える。」と題して、各専門領域や実践領域から見た地域課題の捉え方や取り組みに向けた方法論が本著におさめられています。

 

[目次]

はじめに 高見沢 実

 

政策形成へのアプローチ 小池 治

 

第1部 人と「自然」の営みからグローバルな普遍性を導く

    まちづくりと自然環境 小池 文人
    里海:海洋国日本の可能性~里海資源論の可能性 中村 由行
    里山の保全と活用~神奈川の取り組みを中心に 小池 治

 

第2部 人と「経済」の流れから世の中の仕組みを考えなおす

    日本とスウェーデンの比較にみる福祉と地域財政 伊集 守直
    外国人労働者の問題と地域づくり 山崎 圭一
    多文化共生―大学と地域の幸福な付き合いの条件 佐藤 峰

 

第3部 地域における「資源や課題」から新たな価値を創出する

    地域を資源化する建築的デザインとコンセプト 宮城島 崇人
    コラム 経済的視点で地域を捉える
    地方と都市―ローカルシステム 新ライフスタイル 赤木 徳顕
    1000 年に一度の災害を経て、南三陸が選んだこれからの未来 安藤 仁美・浅野 拓也

 

第4部 「新たな価値」を源泉にテクノロジーを掛け合わせる

    ファブ・クリエイティブ都市論 ものづくりと地域創造 野原 卓
    コラム 3D プリンターが拓く次世代ものづくり
    建築家と地域連携 西田 司・伊藤 彩良
    地域と地域の関係―現在・今後 梅野 匡俊
    大学と地域連携 高見沢 実

 

ブックレットをダウンロードする.