災害を乗り越える地域づくり



災害を乗り越える地域づくり

 

本著は主に横浜国立大学の教員による総勢27名による核専門分野の研究メンバーにより、東日本大震災を踏まえた今後の地域づくりとして、被災後(した場合)の時間軸に沿って課題を整理しています。

第1 章では地域のコミュニティでは直接的被害やその後の苦難の低減にも役立つ事例や課題を、第2 章「災害に強い社会インフラ」では被災直後のダメージを軽減し人々の立ち上がりをサポートできる交通や通信、サプライチェーンをテーマとしています。第3 章の「レジリエントなエネルギーシステム」では、それを構築のための技術的側面と、その経済的・財政的・経営的側面を論じています。第4 章の「空間のシビック的活用」は、特に横浜における空間の脆弱性を浮き彫りにし、それらの課題に柔軟に対処するためにシビック活用の方策について具体的に挙げています。

横浜国立大学 地域実践教育研究センター 編
2012年3月30日 発行
A5版,128p

<ブックレットをダウンロードする>