教育(副専攻プログラム)


学部 副専攻プログラム: 「地域交流科目」

Local-exchange Subjects

 

グローバルな視野をもって地域課題を解決する 先端的かつ複合的な実践能力を身につけるプログラム

This program trains students to solve local challenges with a global perspective and acquire advanced, integral, practical skills.

 

地域交流科目とは、全学の学部生を主対象とした副専攻プログラ ムです。

 

「地域交流コア科目」:横浜市をベースに都市・建築の 観点から学べる地域連携と都市再生A (ヨコハマ地域学)と、神奈 川県をベースに経済・財政等の観点から学べる地域連携と都市再生 B(かながわ地域学)が開講されており、現場で活動・活躍するゲ ストスピーカーから多くの知見を学ぶことができます。

 

「選択必修科目」:各学部から選出された地域に関わる専門 知識を学ぶことができ、自身が所属する他学部の授業も副専攻プロ グラムでは修了認定単位としてカウントできます。

 

「地域課題実習」:この副専攻プログラムのなかで最も目玉の 授業であり、実際に地域に出て、様々な方と連携しながら地域課題 を解決していく実践的活動の実習です。
これらの単位を10単位取ると、副専攻の修了証が授与されます。

 

In the midst of increasing globalization, how each of the cities and regions where economic activity is taking place maintain their vitality and improve the quality of life for their citizens is a major issue as the 21st century unfolds. In order to respond to these contemporary issues and needs, our university has linked together education, economics, management, science, and engineering studies across different departments and established “Local-exchange Subjects,” a sub-major program. The program aims to train students to solve local challenges with a global perspective, and help them in acquiring advanced, integral, and practical skills.

*Sub-major programs: Programs for the systematic study of fields other than one’s o wn major (course/department) in response to the need in our knowledge-ba sed society for comprehensive and interdisciplinary studies, and to answer the needs of the s tudents.

 

 

 「横浜国立大学 地域実践教育研究センター Annual Report 2017-2018」より

シラバス

・地域交流科目 履修案内 2018

・地域交流科目 履修案内 2017

・地域交流科目 履修案内 2016

 

 

各種申請書

(様式1) 地域課題実習への参加登録
(様式2) 地域課題実習_「学生公募プロジェクト申請用紙」
(様式3) 地域交流科目の修了証の申請用紙および要項     (〆切:毎年4月中旬/11月中旬/3月初旬)

 


大学院 副専攻プログラム: 「地域創造科目」

Community Creative Subjects

複雑で困難な地域課題を題材に 各専門分野の活かし方を発見し開拓するプログラム

 

現代社会において、経済格差や教育格差の拡大、工業倫理の低下や環境問題の深刻化など、住民生活の継続や地域社会の存続に支障をきたし始めています。これらの諸課題は複雑に関連しつつ、事態を深刻化させていることから、社会、教育、工学、環境など各視点から諸課題を検討し、人々が安心して豊かな生活を営めるような地域を創造することが求められています。
本プログラムは、複雑で解決困難な地域課題に対して、各専門領域に基盤を持ち理論的に問題を捉えながらも、学際的な課題把握能力を有し、かつ総合的に解決できるような人材を育成するための高度な教育プログラムです。

In modern society, issues such as the increase of economical and education gaps, decrease in industrial ethics and intensification of environmental problems are beginning to interfere with the sustainability of local residents’ lifestyles and continued existence of the local community. These various issues are complexly interwoven with one another, intensifying the situation and as such, need to be investigated from individual aspects such as society, education, engineering, the environment and so forth, in order to create a community in which people can lead rich lives with peace-of-mind. Towards complex, intractable community issues, this program takes a theoretical approach from the individual fields of expertise, and is a sophisticated educational program which aims to produce individuals who possess the ability to appraise issues from an interdisciplinary approach and propose comprehensive solutions.


 「横浜国立大学 地域実践教育研究センター Annual Report 2017-2018」より

シラバス

地域創造科目 シラバス 2018
地域創造科目 シラバス 2017
地域創造科目 シラバス 2016

 

各種申請書

 (様式1) 地域創造論_参画申請書
(様式2) YNU地域創造科目修了申請要項一式