地域実践アワード2018



2月15日に開催する「地域連携シンポジウム」においては、
地域課題実習の各プロジェクトの発表による「地域実践アワード」が行なわれ、
MVP・準MVP賞は投票の総票数により、
校友会賞は社会人・教員の投票数により決定致しました。

– MVP –  アグリッジ商品開発

– 準MVP - おおたクリエイティブタウン研究プロジェクト

– 準MVP・校友会賞 - 現代世界の課題の探索と協力の実践,ローカルなマテリアルのデザイン

REPORT:
2018年度末に開催された地域連携シンポジウムにおける地域実践アワードでは、様々なプロジェクトが各々の取り組んだ成果を発表しており、とても刺激を受けました。新たな商品開発を取り組むプロジェクトや、そのプロジェクト自体の仕組みの改善を取り組むプロジェクト、海外への支援を行うプロジェクトなど、実に多様でした。プレゼンの場では、大人数の前でいかにうまく表現し、言いたいことを伝えられるかが重要だということを学びました。プレゼンの後に行われたポスターセッションは、プレゼン中に話しきれなかった内容をより詳しく紹介するという良い機会となりました。私自身、プレゼンでは伝えきれなかったことが多くあったので、このポスターセッションの時間はとても有意義でした。    (学生代表)