センター活動紹介


経済のグローバル化が進むなかで、日本の経済活動の場は地球大に広がっています。他方、日本経済の活力の源泉は地域であり、地域が活き活きとしていなければ、経済も活性化できません。同時に地域は、人々の生活の場でもあります。経済発展の成果は、地域における生活の豊かさに結実して初めて意味を持ってきます。しかし、現在、日本の地域は、地域政策の問題もあり、地域再生、都市再生の必要性が叫ばれる状況にあります。いま求められているのは、自ら地域資源を発掘し、諸資源の連携を組織し、グローバル化に柔軟に対応しつつ豊かな生活を創出する力を養うことです。これを地域創造力と呼ぶならば、本センターの役割は、地域創造力にかかる体系的研究を基礎としながら、学部・大学院レベルの教育と地域の人々のリカレント教育を通じて、地域創造の担い手を養成していくことと考えられます。地域再生を願う地域の方々と協力しながら、この目標に向かって全力で取り組んでいきたいと思います。

Message from the Principal

While the world is progressing toward economical globalization, Japanese economy is also expanding its activity internationally. The power of Japanese economy comes from local communities and our economy will not grow without local communities’ developments. These local communities represent people’s living spaces. The economic development in Japan becomes meaningful once it provides prosperous lives to each community. However, in the current situation, these communities face various problems caused by Japanese regional policies and they are in need of re-development and urbanization. Therefore, by generating local resources and by focusing on organizing the cooperation of these resources within the communities, we need to create a way of thinking that accelerate Japanese communities toward globalization and provide prosperity to everyone in the communities. The purpose of our center is to educate students this way of thinking which we call creative faculties of local communities, by providing them undergraduate and graduate level studies and re-current education on creative faculties of local communities with systematical studies as basic studies and as a result, create future community developers. As we cooperate with those who need help redeveloping their community, we are striving to reach our goal of community development.


横浜国立大学 地域実践教育研究センター長
Yokohama National University  Principal of Global-Local-Education Research Center


 

活動内容

「地域実践教育研究センター」では、学内外の諸機関・諸地域と連携しながら教育・研究・地域支援活動を行い広く情報発信することにより社会に貢献する組織を目指しています。

また、さらに社会貢献を柱の一つとする本学の地域連携活動を大学としての戦略を持って組織的に推進するため、「地域連携推進機構」と本センターが一体となり、本学の地域連携の取組みを推進します。

・Contents of Activities
Our center aims to be an organization that provides human resource development for talented individuals who have a global understanding of existing problems in 21st century. The developmental programs would include internal and external hands-on organizational activities conducted in collaboration with educational and research institutions in various regions. In order to promote community involvement within the universities, the Center will collaborate with the  “Organization for local collaboration networking”, to organize activities that will contribute to society.

 


 

地域実践教育研究センター センター長 / 専任教員

小池文人 地域実践教育研究センター・センター長,
環境情報研究院, 都市科学部・教授
志村真紀 地域実践教育研究センター・准教授

 

地域実践教育研究センター 兼任教員

海老原修 教育学研究科・教育学部・教授
小池研二 教育学研究科・教育学部・准教授
小池治 国際社会科学研究科・教授
氏川恵次 国際社会科学研究科・教授
小林誉明 国際社会科学研究科・准教授
池島祥文 国際社会科学研究科・経済学部・准教授
鶴見裕之 国際社会科学研究科・経営学部・准教授
高見沢実 都市イノベーション研究院 ,都市科学部・教授
佐土原聡 都市イノベーション研究院 ,都市科学部・教授
藤岡泰寛 都市イノベーション研究院 ,都市科学部・准教授
田中稲子 都市イノベーション研究院 ,都市科学部・准教授
松行美帆子 都市イノベーション研究院 ,都市科学部・准教授
佐藤峰 都市イノベーション研究院 ,都市科学部・准教授
鳴海大典 環境情報研究院 ,都市科学部・准教授
中村一穂 工学研究院, 理工学府・工学府・准教授